【サッカー人気4位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

浦レポ by 浦和フットボール通信

マルティノスが目の色を変えて「今季はマルティノスイヤーになる」と豪語した理由は


(Report by 河合貴子)

チームにフィットを目指して元気いっぱい!

「疲れた~」と言いながらも元気いっぱいの選手がいる。マルティノス選手だ!

昨シーズンの沖縄キャンプとは目の色が変わって気迫に満ちあふれていた。横浜FMから移籍してきた1年目の沖縄キャンプとは全く違っていた。今シーズンのマルティノス選手は、目の色が変わっただけではない、迷いから解き放たれて生き生きと躍動しているように感じる。

「キャンプは、毎年新しいシーズンの始まりだ。シーズンの終わりに何が起きてようと関係なく、一番大切なのは新しいシーズンに向けて身体を整える、フィットしていくことだ。もちろんモチベーションを高めることすべてが自分のためだ。自分ためが浦和のためになる。もちろん、僕は浦和のユニフォームを着ている。僕がフィットしていないと、浦和に迷惑を掛けることになる。自分の目標もあるが、チームの目標が大事だ。まずは、自分が本当にフィットすることだ。いろんな雑音はあるけど、第一の前提として、フィットしていることが大事だと思う」と神妙な面持ちで話した。

浦和にやってきて今年で3年目を迎えるマルティノス選手。一昨年、昨年となかなか本来の力を発揮できずに苦しんできた。3年目の今シーズンに掛ける思いは、人一倍強い。

「自分を鼓舞している」と力強く話し「2年間、しっかりとプレーができなかった。納得がいかない部分だ。自分に対して、この2年間は怒りを感じている。だから、モチベーションの理由にもなっている」と話すマルティノス選手に、3年目にして好機が訪れた。

それは、システム変更だ。変革元年と位置付けた今シーズン、浦和はチームコンセプトを『攻撃的サッカー』と明確にした。それに伴い4-4-2システムを導入している。

「自分のためにスペースがあったり、やりやすいシステムだ。やっと、僕のクオリティーが発揮できるようなシステムだ。ドリブルもできるし、シュートも撃てる、クロスも上げられる。いろんなことができる。楽しみだ。今回は、本当に自由を感じる」と声を弾ませた。

紅白戦でも、インサイドハーフのポジションからペナルティーアーク付近にポジションを取り、サイドバックの縦パスに斜めに走り込みクロスを上げたと思ったら、カットインからシュートを放つ!得意のドリブルで切り裂いていく。まるで水得た魚のようである。

「自分の後ろにもサポートがいる」と笑顔を見せ「去年は、ストライカーのポジションだったりしてやりにくいところがあった。ボールを保持しても、周りにサポートがいなかったこともあった。守備もどうやってプレスをどのタイミングで掛けていくかも重要だ。今は、バランスが良い」と話し「今シーズンは、マルティノスイヤーになる。本当に自分も感じている」。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック