【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】岡山パウリーニョ、…

浦レポ by 浦和フットボール通信

浦和レッズトップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症陽性判定  明日の天皇杯京都戦は開催予定

トップチームにおいて選手1名が、新型コロナウイルス感染症PCR検査で陽性判定を受けたことを浦和レッズが発表した。当該選手は8月16日(月)のトレーニング前に発熱、咳症状および体調不良を訴えたため、抗原検査およびPCR検査を実施した結果、16日(月)に抗原検査およびPCR検査ともに陽性で新型コロナウイルス感染症と診断された。

明日18日(水)に行われる『天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs 京都サンガF.C.』に関しては、JFAと協議の上、通常通り開催の予定。試合当日のキックオフ3時間前に新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を実施し、オンサイト検査で陰性判定を得た選手・スタッフのみが当日の試合にエントリー可能となる。

■当該選手の経過、症状
・8/13(金) チーム活動参加(体温 36.0℃)
・8/14(土) チーム活動参加(体温 36.0℃)
・8/15(日) チーム活動参加(体温 36.1℃)
・8/16(月) チーム活動不参加・自宅隔離(体温 トレーニング前/37.5℃)
・8/17(火) 自宅隔離(体温 朝/36.0℃、昼/36.7℃)

■判明後の対応
当該選手以外のトップチーム全選手及びチーム関係者を対象に、以下の検査を実施した。
8/16(月)トレーニング前: 抗原検査全員陰性
8/17(火)トレーニング前: 抗原検査全員陰性およびPCR検査実施

※トレーニング後にPCR検査の陰性判定を受けたことを確認し、遠征先に出発しております。昨日および本日のトレーニングについては、安全に留意して時間や人数を制限し、クラブハウスの使用を最小限として実施いたしました。引き続き、Jリーグおよび保健所等と連携して対応してまいります。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ