【サッカー人気1位】クールダウンのみだったので、新シーズン…

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム代表、W杯最終予選の第7節オーストラリア戦に向けたキャンプメンバー30人を発表

ベトナムサッカー連盟(VFF)は1月7日、FIFAワールドカップ・アジア最終予選の第7節オーストラリア戦に向けたベトナム代表キャンプメンバー30人のリストを発表した。なお、試合は1月27日にアウェイで開催される。

今回の招集リストを見てみると、昨年末に開催されたAFFスズキカップ2020で負傷したMFグエン・トゥアン・アインやDFドー・ズイ・マイン、FWハー・ドゥック・チンが選外となり、以前からリハビリ中のDFドアン・バン・ハウやMFグエン・チョン・ホアン、GKダン・バン・ラム、GKグエン・バン・トアンも招集外となったが、それ以外の大半はお馴染みの顔ぶれが並んだ。

一方、DFグエン・フー・トゥアン、MFグエン・ドゥック・チエン、MFトー・バン・ブー、FWファム・トゥアン・ハイといった面々が代表復帰を果たしたほか、右脚骨折の重傷から復活したMFドー・フン・ズンもメンバーに名を連ねた。また、以前から飛び級で選ばれているU-23代表のメンバー数人も引き続きキャンプメンバーに招集されている。

ベトナム代表は1月13日にハノイ市に招集されてキャンプを開始。パク・ハンソ監督は、オーストラリアに渡る前に代表メンバーを23人まで絞り込む。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ