【サッカー人気2位】浦議チャンネルのUGとは何者なのか? …

ヴォルティススタジアム

【金沢vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「チームとして良かったのは、(3点差を追いつかれ)気持ちが沈むことなく、次に何をするべきかしっかり声を掛け合いながらやれていたこと」

■明治安田生命J2リーグ 第37節
11月25日(水)金沢 3-4 徳島(19:03KICK OFF/石川西部/2,106人)
得点者:7’西谷和希(徳島)23’垣田裕暉(徳島)33’岩尾憲(徳島)42’加藤陸次樹(金沢)59’ホドルフォ(金沢)63’島津頼盛(金沢)80’垣田裕暉(徳島)
———-

○リカルドロドリゲス監督
「前半、いい試合の入りをすることができて、アウェイで金沢を相手に3-0にすることができました。ただ前半の最後に1失点して、3-1で前半を折り返すことになり、金沢の中に何とかすれば追いつける可能性があるとしてしまいました。あそこでしっかり前半無失点で終わらせなくてはいけなかったです。
後半は入りから相手の勢いを受けてしまって、だんだん押し込まれる中、3-3に追いつかれてしまいました。ただチームとして良かったのは、気持ちが沈むことなく次に何をするべきかしっかり声を掛け合いながらやれていました。そういった所も含めて4-3にできたことが良かったです。この時期の勝点3はものすごく大きな価値のあるものです。ただ我々がさらに上に上がっていくためには、何が出来なかったのかという反省点を整理していかなくてはいけないと思っています。

(Q:3失点してしまった原因は?)
分析しないとわからない部分もありますが、失点の局面ももちろんそうですが、それ以前に、全体的に選手が広がってしまって、間にパスを通されて相手に攻撃されてしまいました。まずはそういったシーンを改善していきたいです。
また失点のところはセットプレーのこぼれ球も含めて改善点としてあるので、次の試合に向けて、勝てて学べた部分もあります。しっかり確認して分析して整理して、次につなげていきたい」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック