【サッカー人気5位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs川崎F】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「最終的に残念な結果となりましたが、まだまだチームは死んでいません。目標を達するため勇敢に進んでいます」

■明治安田生命J1リーグ 第29節
9月10日(金)徳島 1-3 川崎F(18:33KICK OFF/鳴門大塚/6,464人)
得点者:38’一美和成(徳島)34’知念慶(川崎F)42’脇坂泰斗(川崎F)52’知念慶(川崎F)
———–

〇ダニエルポヤトス監督
まずはファン・サポーター、そして選手たちに感謝したいです。一瞬を逃さない相手選手による質の高いプレーでゴールを奪われましたが、その後も我々のチームは相手ゴールへ迫るプレーを見せ、積極的に得点を狙い続けました。最終的に残念な結果となりましたが、まだまだチームは死んでいません。目標を達するため勇敢に進んでいます。

Q:ファン・サポーターが最後まで後押ししたのは、選手たちのひたむきなプレーに応えたものだと感じます。監督はどのように思われますか?

試合展開や流れもしっかりとしたものでした。先制したかもしれない西谷選手の得点はVARでキャンセル、そしてその後に失点してしまいましたが、チームは気持ちを切らすことなく最後まで良いプレーをしてくれました。その姿を見てくれたのだと思います。

Q:今日の試合で一美選手に与えた役割を教えてください。また垣田選手とのコンビでどんなことを表現してほしかったのかも教えてください。

人数をかけてペナルティエリア内の迫力を出すために、一美選手を起用しました。垣田選手はダイナミックに動いて相手を引き付けることができるので、その後ろから一美選手がサポートする形をイメージしていました。垣田選手は中央で攻撃の起点となり、また守備に関してもいつもチームを助けてくれる存在です。

Q:バケンガ選手が途中出場しましたが、今日のパフォーマンスを見てどのような感想をお持ちですか?

クロスにもしっかりと入って行き、PKか否かのような際どいプレーもありました。期待した通り相手を困らせていたと思います。適応が難しい中でまだまだ時間が必要だとは思いますが、彼の良さを示してくれたと思っています。次の試合に向けて、彼を含め全員で良い準備をしていかなければいけないと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ