【サッカー人気1位】J1リーグの7月4日再開は、喜ばしい話…

Dio-maga(ディオマガ)

【トピックス】「砂場トレ はじめました」

オフ明けに行われるフィジカルメニューでももっともきついと評判の「砂場トレーニング」が今シーズンも始まり、選手は若手を中心に7人が参加した。

館山キャンプでは選手全員が2度実施しているが、開幕してからは気候の問題や連戦が続くスケジュールの関係でこれまでタイミングがなく、NDスタの砂場で行われるのはこれが初めて。沈み込んで足を取られるNDスタの砂場は、日本全国さまざまな砂場を見てきた石﨑信弘監督も「こんなに質のいい砂場は見たことがない」と大絶賛している。

メニューはフィジテクの砂場版。ボールのある、なしそれぞれでステップやジャンプ、1対1でのキープなどを行った。スペースが狭いため反復の動きが多く取り入れられているが、脚にも肺にもかなりの負荷がかかる。終了後の宮阪政樹が「砂場、こんなにきつかったっけ?」と言っていたのが印象的だった。

昨シーズンもこの砂場を経験した宮阪や山田拓巳がタフさを増し、シーズン終盤の昇格達成の大事な下地となった。今シーズンもいよいよ始まったことで、夏場から秋にかけてどのような成果が見られるか、楽しみに待ちたい。

砂場

コーンとコーンの間を行ったり来たり。フロント、サイド、バックとステップもさまざまに行われた。砂に足が取られるなかでのかなり厳しいトレーニング、乳酸も次第にたまっていく。

150616_トピックス-02

ジャンプヘッドしたらダッシュで後方のスタート地点に戻り、再度前に出てきてジャンプヘッド。ふだんから居残りでヘディング練習を積み重ねてきた高木利弥も懸命にボールに食らいつく。

(文・写真=佐藤 円)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック