【サッカー人気5位】【ニュース】Jリーグ、45クラブ(20…

Dio-maga(ディオマガ)

【トピックス】盛岡中央を4-0で下し、首位尚志高校と勝点で並ぶ!

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ東北第7節

5月14日(土) 天候:晴
11:00 キックオフ 場所:山形県総合運動公園第2運動広場
モンテディオ山形 4-0(前半4-0) 盛岡中央高校
[得点者]
34分 佐藤啓太
59分 菅野裕介
65分 佐藤啓太
69分 高橋成樹
————–

10番菅野裕介。CKから1得点1アシストを記録した。

10番菅野裕介。CKから1得点1アシストを記録した。

東北プリンスリーグ第7節。モンテディオ山形ユースは盛岡中央高校と対戦。前節のユースダービーを制した勢いそのままに前半から試合を優位に進め、4-0で快勝した。

3点目はこぼれ球から。GKも寄せていたが落ち着いて交わした。佐藤啓太は2ゴールの大活躍だった。

3点目はこぼれ球から。GKも寄せていたが落ち着いて交わした。佐藤啓太は2ゴールの大活躍だった。

34分、左サイド裏のスペースに三田村樹が抜け出すと、飛び出したGKより先にクロスを上げ、中央に走りこんだ佐藤啓太が右足で冷静に流し込んで先制する。前半から両サイドからの攻撃が活発でそこから得たCKも含めて多くのチャンスを作った。後半に入った59分には左CKで菅野裕介がニアに蹴ったボールがワンバウンドしてDFをすり抜けてそのままゴールに入って2点目を決める。

ダメ押しとなる4点目はCKから高橋成樹のヘディング。相手DFが前にかぶっていたが上手く合わせた。

ダメ押しとなる4点目はCKから高橋成樹のヘディング。相手DFが前にかぶっていたが上手く合わせた。

高橋成樹はゴール後にこのガッツポーズ。

高橋成樹はゴール後にこのガッツポーズ。

3点目は65分、ボックス内で佐藤が身体を張ってキープして落としたところを菅野がシュート。ポストに当たってこぼれたボールを佐藤が押し込んだ。4点目もCKから。中央でセンターバックの高橋成樹が豪快に頭で叩きつけ、目の前で応援するサポーターにガッツポーズを決めた。4-0で勝利したモンテディオ山形ユースは6勝1敗の勝点18得失点差+12で4位につけている。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック