【サッカー人気2位】痛恨のミス連発で逆転負け。それでも、チ…

Dio-maga(ディオマガ)

利根瑠偉選手「前半の飲水直後から自分たちのやりたいサッカー、しようとするサッカーができた」、篠原宏仁選手「ラスト5分まではもう1点取れるつもりで攻撃も守備も戦おうということを話していた」【山形vsヴェルスパ大分】試合後のV大分選手コメント

■天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
6月9日(水)山形 1-2 ヴェルスパ大分(19:00KICK OFF/NDスタ/1,809人)
得点者:16’松本幹太(山形)45’利根瑠偉(V大分)49’利根瑠偉(V大分)
———–

〇利根瑠偉選手

Q:まず、得点を振り返っていただいてよろしいでしょうか?

「1点目はいいクロスが上がってきたので、もう飛び込んで、あまりボールは見えなかったですけど、うまく入ってよかったです。2点目は自分がパス出して、その流れで、シュートのこぼれ球に行ったんですけど、うまくいいところにこぼれてきて、あとは詰めるだけだったという感じでした」

Q:リーグ戦から中3日というところで、疲れ含めていかがでしたか?

「立ち上がりはちょっとバタバタしちゃったんですけど、前半の飲水直後から自分たちのやりたいサッカー、しようとするサッカーができたんじゃないかなと思います」

Q:利根選手は5月末に初得点を決めていて、直近のFC大阪戦も2点目を決めていて、徐々に決定力が上がっているイメージがありますが、いかがですか?

「チームとして自分に何ができるかというのを考えて、結果はあとからついてきてるかなという感じですね」

Q:昨年も4回戦まで進出しましたが、天皇杯3回戦というところで、昨年叶わなかった、J2のチームを連続して破ったというところではいかがでしょうか?

「すごい自信にもなりますし、これを続けていくことが大事だなと思っています」

Q:リーグ戦、天皇杯と連戦がまた続きますが?

「中3日、中3日で連戦がまた続くんですけど、出てない選手含め、チーム一丸となって一つ一つ勝っていくことが大事だと思っています」

Q:今日は左サイドで突破したり、崩したりというシーンが見られましたが、狙いはありましたか ?

「狙いというより、自分の特長でもあるドリブル突破とかを、相手は格上ですし、そこはどれだけ通用するかというのは、今日、自分のなかでも楽しみだったので、少しはやれたんじゃないかなと思います」

Q:最初、利根選手が左サイドで起点になるようなところがありましたが、その後、西村選手が起点になって押し上がるようなところもありました。

「そこは連係して、2人で崩したりすることも日頃の練習から声かけてやってます」

 

〇篠原宏仁選手

Q:「自分たちのサッカーがどれだけ通用するか楽しみ」と話していましたが、実際戦ってみていかがでしょうか?

「立ち上がり、連戦の疲れもあってか、自分らのサッカーができずにズルズル行ってしまって、本当にやるせないというか悔しい気持ちをみんなが持っていたので、そこで1回全体で集まって、『もう1回、自分らのサッカーをしっかりやって戦おう』ということを確認して、その結果、2点取ることができて勝てたので、よかったです」

Q:特に通用した部分、攻撃面、守備面、いかがでしょうか?

「攻撃もいつも通り、ボールをしっかり握りながらというところも通用してましたし、守備でも前からのプレスを相手が嫌がってる部分もあったので、そこもさすがにレベルが上がると剥がされるというシーンがあったんですけど、自分らがやってきたことは通用する部分が多かったかなと思います」

Q:1回戦の山口戦はPK戦でしたが、今回は90分で勝てたというところはいかがでしょうか?

「また日曜日に(JFLリーグの)鈴鹿戦があるので、それに向けても、120(分)でも絶対勝ちにはいきたいと思うんですけど、90で勝てたのはとてもデカいです」

Q:天皇杯3回戦に向けての抱負を聞かせてください。

「僕自身、このチームに来てJ1のチームとやるのは初めてなので(※対戦相手は6月16日に決定)、今回の山形戦同様、自分らのサッカーに挑戦して、どこまで通用するか、最後は今日みたいな形で勝つことができれば一番いいかなと思うので、もう1回、チームで戦い方を統一したいと思います」

Q:終盤もかなりラインを高くしてプレッシャーをかけ続けていましたが、戦い方としてはプラン通りということでしょうか?

「ブロックを作って、後ろに下がって守りきるという戦い方ももちろんあると思うんですけど、さっきも話したように、僕たちがやってきたことというか、積み重ねてきたことが、前からのプレスという部分だったので、監督とも話して、ラスト5分まではもう1点取れるつもりで攻撃も守備も戦おうということを話していたので、ああいう戦い方になりました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ