サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

山梨フットボール

山梨の至宝と新潟の宝が共演、バホスはやる気満々――フォトレポート&キャプションーー【無料記事 1月13日の練習場から】

【1月13日の練習場から】

山梨の至宝と新潟の宝が共演、バホスはやる気満々――フォトレポート&キャプション――

商品名は分からないが、2人の選手を繋いで、ゴムの力とお互いの力を使って筋力を鍛える”やつ”。なんか楽しそうでもある。

 

山梨の至宝(堀米勇輝)と新潟の宝(小塚和季)が一緒にテクニックの基本トレーニングを行う。相乗効果に期待だ。紅白戦では小塚から堀米にロングパスが出る場面もあった。

 

リンスは別メニュー調整も、木村マルコス・トシフミPTのトレーニングが厳しかったようで、「キムラはもう友達じゃない」と冗談を言っていた。「ドゥドゥは来るの?」的なことを聞かれたので、「○○じゃないかなぁ」と日本語で言うと、「ふ~ん」とリンス。うまい具合にいい加減…。

 

「ムイト、フリーオ」(超寒い)的なことを言っていたエデル・リマだが、調子はよさそう。リンスもリマも太ることなく合流しているので開幕戦からベストパフォーマンスを出してくるはず。木村PTによるとリマは細マッチョだけど「筋トレ好き」だそうだ。軽めの負荷でスピード重視の筋トレが好みらしい。

 

去年は不完全燃焼に終わったジュニオール・バホス。リンスとエデル・リマが別メニュー調整をする中、フル合流。「今年はやったるで」的なバホスの意欲を感じる。

 

新加入選手を含めたチーム全体の印象としては、昨季より上手さ1~2割増し。これを勝ち切る強さに繋げる戦いがこれから始まる。

 

1月13日は清水キャンプ前の県内最終練習のため主務、副務は道具の搬出・搬入で忙しくなる。

 

甲府のルールの一つに、新卒1年目の選手がドリンク類のボトルなどの片づけを手伝うというものがある。2年目以上の選手がそれを教えるのだが、クマちゃん(熊谷駿)が移籍したので、心優しき森晃太(中央)が担う。振り返って誰かを探している素振りなのは、荒木翔が知らずに上がったからみたい。でも、アカデミー出身の太田修介(右)、入間川景太(左)はしっかり残っているのは流石。みんないいヤツら。

 

1月13日は超寒かったけれど、南アルプスも八ヶ岳も青い空にきれいに映えた(写真の白い山は南アルプス・甲斐駒ヶ岳。僕がつけた別名は日本のアイガー・北壁)韮崎Gは富士山も見えるので山梨のいい景色のほとんど全てが詰まって、よきところ。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題