『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

山梨フットボール

畜産王国・宮崎県のスーパーは肉のパラダイス【無料記事 主夫の部屋】

【主夫の部屋】

 

畜産王国・宮崎県のスーパーは肉のパラダイス

宮崎市内のホテルからヴァンフォーレ甲府の練習場がある綾町までレンタカーで約40分くらいかかるんですが、途中にディスカウント・スーパーがあるのでちょくちょく寄ります。今年来てみるとそのディスカウント・スーパーの規模が大きくなり、生鮮食品のエリアが拡大していて、主夫根性でいろいろ見てみました。「ヨーグルトは甲府の○○の方が安いなぁ」なんて思いながら見ていくと、精肉コーナーでビックリ。

牛も豚も鶏も全部の肉が安いし、かなり新鮮な感じ。さすが畜産王国・宮崎県という感じだし、僕が焼き鳥で一番好きなセセリもパックで売っていて買って帰って調理したくなる…けどホテル暮らし。セセリを山梨のスーパーでも売ってくれないかなぁと思うし、甲州地鶏って名前はよく聞くけど甲府市周辺のスーパーでは――僕が知る限り――全然見かけないのはなんでなんだろうと…。

宮崎でもブラジル産の冷凍の鶏肉を解凍したのも売っているけれど、国産鶏肉が売り場の多くを占めていて、「唐揚げ作りたい」と主夫の料理魂が揺さぶられています。結局、宮崎ではコンビニ、弁当屋、ラーメン屋、スーパーの総菜コーナーでほぼ全ての食事を――トランス脂肪酸に少し脅えながら――賄っている感じですが、来年はキッチン付きのウィークリーマンションを借りることも考え始めました。ただ、この時期は選手名鑑などシーズン前限定の仕事が集中して、毎晩締め切りに脅え、泣きながら仕事をすることになるので、結局は「ホテルの方が良かった」ってことになりそうな気もしています。恨めしかったので肉のパックの写真は撮っておきました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック