『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

山梨フットボール

森晃太「最後はJ1の強さを見せられたと思います。ムチャクチャ悔しいです」【無料記事 2018ルヴァンカップ第3節 磐田3-2甲府 コメント】

#25 FW 森晃太「最後はJ1の強さを見せられたと思います。ムチャクチャ悔しいです」

――先制点の場面は、深い位置のスペースに(アシストの)堀米選手を活かすパスを出しました。堀米選手の意図を感じていたんですか?

ホリくんが動いてくれたし、深いエリアを狙うのはチームコンセプトでもあるので出しました。

――前半38分のGKとの1対1の場面はどんなことを考えてプレーしていましたか?

最初は左足で打とうとして、コースが思ったよりなかったので持ち直して、GKが出てくればかわそうと思っていました。ゴールは決められなかったですが、判断は悪くなかったと思います。

ルヴァンカップ第3節A磐田戦は、U-21代表の森保一監督が視察に来ていた。目的は磐田のFW小川航基のケガ明けのコンディション確認だと思われるが、森晃太も東京五輪の世代。もう一度代表入りを果たすために、残り3節でゴールと勝利という結果を掴んでほしい。

――磐田はこれまでのルヴァンカップの相手よりも――シーズンが進んだこともあって――質の高さやフィット感は高かったですか?

前半は前を向けたし、ボールも奪えたけれど、後半磐田がギアアップしてくるとコッチが疲れたときにボールを回されてサイドを上手く使われたと思います。セットプレーから決められて流れを掴まれて、僕らがもう1点決めて逆転したところまではよかったけれど、最後はJ1の強さを見せられたと思います。ムチャクチャ悔しいです。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック