【サッカー人気2位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

山梨フットボール

無料記事 中村亮太朗「チャンスを与えられたらチームを引っ張っていくくらいの気持ちでピッチに立ちたい」【練習場から】

中村亮太朗がリーグ戦から離れていた期間は8試合、2ヵ月以上。その前の期間も試合に出続ける”当たり前感”が闘争心やモチベーションの維持を難しくした面があったが、この2か月間が中村を渇望させたはず。ピッチに立ったときにパチーンとスイッチが入ることを、サッカーの魅力が闘争心に火をつけることを祈る。

――東京五輪によるリーグ戦の中断期間が3週間あったので約2か月以上リーグ戦の出場がありませんでしたが、町田戦はベンチ入り以上の可能性がありそうです(当社判断)。8試合ぶりのチャンスをどう感じていますか?

勝ちたいし、勝っていい雰囲気にしたいです。

――リーグ戦に絡めていない期間はどうモチベーションを維持していましたか?

コンディションの問題もあったので仕方がなかったけれど、今はサッカーを楽しめているし、気持ちも変わっています。

――4連勝もあったチームの戦いをどういう思いで見ていましたか?

どう頑張っても出られない時期もあったけれど、チームが勝つのが一番だし、J1に昇格したいと思っていました。

――中村選手はどんな試合でも1~2回は必ずといっていいほど決定機に絡む選手だと思います。それだけにチームを勝たせるプレーを期待されていると思いますが、意気込みは?

最近は崩してからの得点が少ないと思うので起点になるパスを出したいし、ゴールにも絡みたいし、ゴールを決めたい。チャンスを与えられたらチームを引っ張っていくくらいの気持ちでピッチに立ちたい。

――自身のコンディションに対する手応えは?

(今週は15時スタートの練習日があり)暑さに疲弊したけれど、夜の試合なら走れると思います。

――先日の非公開トレーニングマッチで復帰しました。試合勘やゲーム体力の戻り具合は?

感覚的なものは時間が空いても変わっていないと思います。あとは体力面。先日のトレーニングマッチは暑い時間帯でも90分間プレーできたのでコンディションは上がっていると思います。

――8試合ぶりという不安はあるかもしれないですが、闘争心に火がつけばイケるんじゃないですか?

それです(笑)

――ありがとうございました。フレッシュな気持ちで戦えることを期待しています。

町田戦では中村亮太朗のゴールに絡む天性の感覚を発揮してチームを勝たせるプレーを期待したい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ