「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「引き分け狙いや守備重視で戦うことは無理(笑)ドリブルで仕掛けたりシュートを打ってサポーターが湧いてくれるのはうれしい。次もゴールを決めてサポーターと一緒に喜びたい」(仲川)他 [神戸戦前コメント]

 

【試合に向けて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「ホームでもアウェイでも点は入る。相手は得点が必要な状況だけど、マリノスにとって自分たちのサッカーをやるチャンスだと思っている。引き分けでもOKというネガティブなマインドで試合に入ると自分たちのサッカーができない。勝つためにプレーすることが大事だ。セットプレーについてはしっかりレビューして微修正していくが、自分は一つのことに過激に反応する監督ではない。セットプレーから失点したのは初めてのことだったし、大きな問題はないと思っている」

 

MF 38 山田 康太

「最初はあまりスコアのことを考えず、自分たちのサッカーで勝つことを目指したい。ただ試合途中からは状況をしっかり把握して戦うことが大事。自分にとってアウェイゴールルールは初めてなので、ルールを勉強してから試合に臨む。第1戦で失点した反省を生かすことが大事。相手のセットプレーは迫力があるけど、だからこそ無駄なファウルでチャンスを与えてはいけない。自分のポジションがどこであってもチームが上のステージへ進むためのプレーを心掛けたい」

 

 

下バナー

(残り 817文字/全文: 1301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ