「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「正直、順位表は見ていない」(ポステコグルー)・「(誕生日について)サポーターに歌ってもらえたし、何よりも勝てて祝えることができて良かった」(扇原) 他 [札幌戦後コメント]

 

【コメント】

アンジェ ポステコグルー 監督

「とても良い内容だったと思う。相手の素晴らしい先制点があったが、その前も自分たちのサッカーができていて、チャンスを作れていた。全体的に内容も良かったと思う」

 

――パフォーマンスについて一番良かったポイントは?

「相手のカウンターが脅威だったが、相手陣内に押し込んでプレーしていたのが良かった。それとクレバーで良い判断ができていた。2点目もそうだが、相手を押し込んだ状態からチャンスを作り、ゴールにつながったのが良かったと思っている」

 

――両サイドバックの松原や山中がかなり中に入ってゴール前まで上がっていくシーンが多かった。これは春には見られなかったことだがどういう意図なのか?

「ここまでサッカーを変えると時間がかかるのはしょうがないことだと思っている。サイドバックがインサイドの位置を取って相手のマークを混乱させることは理解、順応に時間がかかったが、今はかなり浸透してきた。なぜ中のポジションを取るのかも彼らが理解しているからこういうパフォーマンスになっていると思う」

 

――今日は札幌が4バックで来たが、それでも間に入ってチャンスを作れていた。それは選手に任せて状況対応させたのか、テクニカルエリアから指示を出して前半のうちに変えたのか?

「正直キックオフまで札幌はいつもの形でやってくると思ったので、4バックだというのはキックオフ直後にわかったことだった。選手たちにいつも伝えているのは『スペースを見つけろ』ということ。サイドバックだからここにいなければいけない、MFだからここにいなければいけない、ではない。サッカーの試合ではスペースが必ずあるので、それを見つけることが大事。選手たちの理解力が上がってきた証拠だと思う」

 

下バナー

(残り 1750文字/全文: 2507文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ