『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「普段の試合に出ていないことを言い訳にせずやっていかないといけない」(栗原)他 [C大阪戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「今日の試合をまとめるのはシンプル。自分たちはたくさんボールを持てていたが、前半と後半にセットプレーのミスから失点してしまった。攻撃で多くのチャンスを作れなかったのは、セレッソが良い守備をしていたこともある。狭いスペースを攻略するところが足りなかった。その中でも何度か決定的なチャンスを作っていたので、そこは決め切らなかったといけなかった」

――昨年のこの大会も序盤は結果が出ず、徐々に盛り返していった。今年もそうするためには何が必要になる?

「今日のゲームから言えることは、相手に流れの中でチャンスはほとんど作らせなかったということ。大事なのは自分たちのポゼッションを崩すというところにつなげること。そこで個人のミスが起きて、うまくいかなかった。全体的に今日のゲームで悪かったということではない」

 

DF 4 栗原 勇蔵

「普段、試合に出ていないメンバーで戦って、連係よりもアピールやチャレンジの気持ちを持って臨んだ。多少できることはあったけど、まだまだ足りない。ミスを恐れず、いろいろなことをチャレンジできればよかったけど、結果的に堅いサッカーをするならもっと徹底しないといけなかった。そこが個人的にあまりできなかった。セットプレーの失点には自分もちょっと絡んでいて、セットプレーの大事さをあらためて感じた。流れの中ではあまりピンチがなかったけど、セットプレーから失点して、0-2は結果的に完敗になってしまう。セットプレーも含めてサッカーなので、普段の試合に出ていないことを言い訳にせずやっていかないといけない」

 

 

 

下バナー

 

MF 8 中町 公祐

「リーグ戦のメンバーでやるときは、相手がウチのワイドの選手をケアしてくる。それでサイドハーフが高い位置にいられる。でも今日の相手は普通にやってきた。ウチのサイドハーフへの意識が過剰ではなかった。それで相手の嫌がるボール回しをできなかった。後半立ち上がりはそこを意識してボールを回せたけど、その時間帯に失点したのが痛かった。リーグ戦のメンバーと同じことをやろうとするのは当然だけど、公式戦に出る経験値ではなく、自分たちのシステムへの経験値が足りていなかった。でもルヴァンカップはどうにかして上へ進みたいので、次からの試合で巻き返したい」

 

MF 25 前田 直輝

「自分が出場する時点で2点差になっていた。トップ下に求められる役割はいろいろあるけど、ゴールに直結する仕事をしたいと思って入った。抜け出したシーンはニア上を狙った。ファーに打っていればこぼれ球を(富樫)敬真くんが詰める展開になっていたかもしれない。敬真くんも見えていたけど、横パスをカットされてカウンターを食らうのは嫌だった。あの瞬間はニア上にコースが空いていると思ったので後悔はない。ただ、映像で見てもっと良い選択肢があったとしたら考えないといけない。僕にとってはいつも一緒にやっているメンバーだったのでやりにくさはなかった」

 

MF 26 中島 賢星

「(後半立ち上がりの決定機について)バウンドが変わったのではなく、力が入った。練習中でもああいう感じでフィニッシュに絡めていて、今日も同じような形でチャンスがきた。ああいうところを決め切らないといけない。あそこを決めていれば流れはウチに来たのかなと思う。前半の最初は相手の最終ラインと中盤でボールを受けて、相手が嫌がるポゼッションができていた。でもボールを触れない時間が増えてきてポジションを落としてしまった。結果的にそれが効果的ではなかった。最後のところには絡めているので、そこを決め切れるように練習していくしかない」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ