『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ユースから高知キャンプに参加するのはトップチーム昇格が内定している西山大雅と、椿直起、岩澤桐人、ブラウンノア賢信の4選手 [高知キャンプ1日目レポート]

 

6日、マリノスは11日まで6日間に渡る高知県でのキャンプをスタートさせた。昨年9月の天皇杯3回戦・東京ヴェルディ戦の際にも遠征に訪れた場所だ。初日となったこの日の日中は気温が22℃まで上昇し、坂本龍馬のモニュメントが飾られている高知龍馬空港に降り立った際の陽射しは横浜よりもだいぶ強く感じられた。日の当たる場所では半袖で十分。まさしく“南国”でのキャンプインである。

 

 

今回のキャンプを心待ちにしていた選手の一人が、選手会長の中町公祐である。昨年の天皇杯で勝ち上がったというポジティブなイメージだけでなく、中町は「土地柄がいい」とすっかり高知県の虜になっていた。昨年9月以降は「また高知に行きたいといろいろなところで言っていた」ということで「今回こうやって来ることができて嬉しい。念願の高知」と満面の笑みを浮かべていた。

チームは宿舎に移動して昼食をとった後、バスで移動して16時にトレーニング会場入り。練習前の歓迎セレモニーでは高知県サッカー協会など高知県の皆さんから特産品などが贈呈され、チームを代表してエリク・モンバエルツ監督が「2回目となる高知で、今回も良い準備をしたい」と挨拶を行った。

 

 

 

下バナー

(残り 793文字/全文: 1324文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ