Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【無料】ルヴァンカップに一部のJ2チームが参加へ~7月のリーグの理事会より~

7月25日、JFAハウスにて7月のリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われ、Jリーグ村井満チェアマンから決議事項・報告事項が発表された。

この中で、2018年のYBCルヴァンカップの大会方式変更が発表され、ACLに出場しないJ1の14チームに加え、J2から2チーム(前年度のJ1の16位と17位)が参加することが発表された。

■2017シーズン
・J1の14チームが参加
・7チーム×2グループ

■2018シーズン~
・J1の14チーム+J2の2チーム(前年度のJ1の16位、17位のチーム)
・4チーム×4グループ

今回J2から2チーム参加する理由について村井チェアマンは、「(ACLに参加するチームとの)競技日程での平等性、次のラウンドに進出する可能性のないチームを少なくすること、4グループ×4チームで戦うわかりやすさ、競技力の近いところでJ1で前年戦っていたチームであること、降格救済金が財政的な基盤もあるので、前年に降格したチームがいいのではといいう意見もあった」と説明している。

降格救済金について

その他、以下のリリースも本日Jリーグからリリースされている。

詳細はこちら
・V・ファーレン長崎に対する制裁決定について
・ノエビアスタジアム神戸 ハイブリッド芝について ~ 国内スタジアム初のピッチ内敷設へ ~
・U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017 を後援
・第10回大宮アルディージャ ORANGE! HAPPY!! SMILECUP!!! を後援
・スルガカップ 2017 静岡国際ユース(U-15)サッカー大会 を後援
・日本電動車椅子サッカー選手権大会2017 を後援

※会見でのコメントは後日掲載する予定です。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ