「川崎フットボールアディクト」

逆転負けの試合後に小林悠が示した責任感【コラム】

悔しいはずの試合後も、小林悠の対応は真摯だった。

一人少ない状態で迎えた後半。ホームの浦和がイケイケの状態で攻めてくる中、防戦一方のフロンターレが取りうる選択肢としてカウンター攻撃があった。手薄な浦和の守備陣に対し、センターラインのあたりから持ち込めれば大きなチャンスになる。そうした攻撃についてはどう考えていたのかとの質問が小林に出た。小林はカウンターを打つ選択肢は持っていたとしつつ、その一方で守備面での決まりごとがあったとして次のように述べている。

(残り 650文字/全文: 876文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ