kumamoto Football Journal

【マッチレビュー】第13節 vs.湘南ベルマーレ/2戦続けての終盤の失点で、今季2度目の4連敗。

2017J2第13節湘南戦

4試合ぶりの勝点は目の前にあった。しかし90分、バイタルの混戦からボックス内へ浮き球を通され、湘南MF菊地俊介が飛び込んでいく。熊本は、直前に植田龍仁朗に代わってピッチに立ったJリーグデビューのDFイム・ジンウが対応する。身体を投げ出して伸ばした右足はしっかりボールに触れているように見えたが、清水勇人主審はこのプレーを菊地へのファウルと判定。ジンウには「反スポーツ的行為」による警告が示され、湘南にペナルティキックが与えられた。

土壇場で決勝点を挙げた湘南は、4試合連続の完封で第5節以来の首位に。熊本は今季2度目の4連敗で19位となったが、前節までの内容から立て直し、最後まで湘南を苦しめた点は評価されるべきだろう。

(残り 1399文字/全文: 1708文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ