デジタルピヴォ! プラス

そう来ますか、大阪さん。ダービーに向けイメージを膨らませる神戸の将[Fリーグ](2017/9/15)

2017年9月8日、神戸 (PHOTO,TEXT・佐藤功)

▼そう来ますか、大阪さん

大阪のゴールを守る人、それは柿原聡一郎である。だがこの日の柿原は、ゴール前ではなくベンチから激を飛ばしていた。試合が開始してまもなく2分というところ、いつもとは違う大阪のゴレイロが果敢に飛び出す。だが、ファウル。そして、自ら与えてしまったフリーキックで失点をしてしまった。「最初はそんなもんだ」。ベンチから大きな声を出した柿原は、自らの代わりに最後の壁となっていた若者の気持ちを切り替えようとしていた。

15節、グリーンアリーナ神戸での第2試合、シュライカー大阪対エスポラーダ北海道は始まっていた。その頃、会見を終えスーツからチームのポロシャツに着替えた鈴村拓也監督が、スタンドの関係者席に腰かける。今度は自分の番。大阪の木暮賢一郎監督同様に、神戸の指揮官は次節のダービーに備え始めた。

(残り 995文字/全文: 1378文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ