浦レポ by 浦和フットボール通信

菊池大介が、掴み掛けたチャンスを確固たるものしていくために今感じていることとは

(Report by 河合貴子)

チャンスを得たダービーでの試合には納得がいっていない

「勝ちたい試合だったし、勝たないといけない試合だった。悔しい引き分けに終わった」と2-2の引き分けとなった、さいたまダービー大宮戦を振り返ったのは、菊池大介選手であった。

今シーズン、リーグ戦で2度目のスタメン入り果たした菊池選手にしてみれば、願っても無いチャンスであった。だから、何としてでも結果にこだわり活躍する姿を堀監督にアピールしたかったのだ。それ故に、引き分けは納得ができない。

菊池選手は「浦和の強さを魅せて、ここから這い上がっていかないといけない。絶対に勝たないといけない試合だ」と甲府戦を前に力強く話した。

(残り 1279文字/全文: 1578文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ