ヴォルティススタジアム

【徳島vs名古屋】フォトレポート:首位・名古屋とのシーソーゲームは悔しいドロー。

■2017明治安田生命J2リーグ第8節
4月15日(土)徳島 2-2 名古屋(14:05KICK OFF/鳴門大塚/6,078人)
得点者:59’馬渡和彰(徳島)61’フェリペガルシア(名古屋)78’永井龍(名古屋)84’渡大生(徳島)
———–

■首位・名古屋とのシーソーゲームは悔しいドロー。

首位・名古屋を迎えた一戦は、前節途中出場のカルリーニョス、3試合ぶりに復帰した前川大河をスタメンに入れて4バックに布陣で試合に臨んだ。

名古屋戦のスターティングメンバー。

「今日は全体的に非常に良い試合ができた」とリカルドロドリゲス監督が振り返ったように、前半からハイプレッシャー相手ボールを奪い、カルリーニョスを中心にサイドを広く使った攻撃で主導権を握る。前半だけでも8本のシュートを放ち何度も決定機を迎えたが、相手GK楢崎の好セーブもありゴールを奪えず。

ゴール後、ゴール裏のサポーターのもとへ駆け寄る馬渡和彰。

0-0で迎えた後半14分に試合が動く。右サイド広瀬陸斗のクロスに馬渡和彰が「力むことなく、ゴールの枠内へ蹴ることができた」と飛び込み先制ゴールを挙げる!しかし直後にフェリペガルシアにゴールを許し同点とされると、後半33分には永井龍にゴール決められ逆転を許す。
苦しい展開の中、ここまでチャンスを決められなかったエースが見せた。ボールを奪った馬渡から渡、杉本とつなぎ、ボールは再び渡へ。狙いすましたシュートでネットを揺らし同点に追い付く。
シーソーゲームの様相となった試合は、2-2で終了。勝点1を分け合う形となった。

■試合フォト

(残り 95文字/全文: 955文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ