ヴォルティススタジアム

【長崎vs徳島】試合後の選手コメント:島屋八徳「一試合を通して流れをつくれるようにしていきたい」山﨑凌吾「ニアに来ると思ったので自分の感覚でニアへ飛び込みました」+前川、井筒、岩尾

■2017明治安田生命J2リーグ第32節
9月10日(日)長崎 2-1 徳島(19:05KICK OFF/トラスタ/4,744人)
得点者:56’幸野志有人(長崎)60’翁長聖(長崎)85’山﨑凌吾(徳島)
———–

○島屋八徳選手
「(5試合ぶりの先発でしたが?)ボールタッチとかまだまだ感覚が戻ってきていない部分もありましたし、前半は個人的にはあまり入りも良くなかったと思います。
(前半と後半でだいぶ違ったように見えましたが)コンセプト自体は同じだったんですけど、後半は先に長崎さんが点を取ってちょっと守りに入ったところで押し込めたのかなと思います。後半のようにボールを持って押し込めれば、ゴール前のチャンスも増えてきているので、一試合を通してそういう流れをつくれるようにしていきたいです。
(岡山戦に向けて)僕らは目の前の試合にしっかり準備して、見えないプレッシャーがかかってくると思うので、まずは自分たちがしっかりと勝って周りにプレッシャーをかけられるようにしていきたいです」

(残り 826文字/全文: 1266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ