ヴォルティススタジアム

【徳島vs群馬】選手コメント:渡大生選手「可能性がある限り僕たちは絶対にあきらめません」+馬渡、島屋、大﨑淳、岩尾、小西

■2017明治安田生命J2リーグ第36節
10月7日(土)徳島 4-1 群馬(14:03KICK OFF/鳴門大塚/3,860人)
得点者:2′ 山﨑凌吾(徳島)20′ 岡田翔平(群馬)22′ 山﨑凌吾(徳島)25′ 渡大生(徳島)90+5′ 大﨑淳矢(徳島)
———–

○渡大生選手
久々に勝利することができましたが、これで一息つくのではなく、このまま突っ走っていかなければいけないと思っています。チームも勝利して自分も得点できたことで、自分の中のある基準はクリアできました。でもその基準は常に満足するものではないので、来週の岐阜戦もさらに良いパフォーマンスができるよう準備したいと思います。
可能性がある限り僕たちは絶対にあきらめません。最後まで応援よろしくお願いします。

(残り 1146文字/全文: 1477文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ