「ノンフィクションの筆圧」安田浩一ウェブマガジン

【速報・全文入手】“安倍晋三記念小学校”開校目前! 森友学園が運営する塚本幼稚園で配布された「ヘイト文書」

 国有地の“格安払い下げ”で注目を集める学校法人「森友学園」だが、同法人運営の「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)で、保護者に向けて「ヘイト文書」が配布されていたことがわかった。
 文書が配布されたのはは2016年秋。執筆者は同法人理事長・籠池泰典氏の妻で、同幼稚園副園長の籠池諄子氏。
 同年11月に公開された映画『聖の青春』を紹介する体裁をとりながら、文章は中盤に差しかかると唐突に「保護者批判」に転調する。
 このたび入手した文書を元に、その部分を以下に転載する。

 入園しようと思っておられる人に「塚本幼稚園はこわい幼稚園よ」「先生は昼休んで、子供はほっちらかしよ」「何も知らずに入園したのね」と言ってお金をもらってかもらってないか知りませんが、一緒に旅行しましょう、一緒にタコ焼きパーティしましょとか言って他の幼稚園に引っ張っている不良元保護者がいます。それにつられて途中退園しても結局は何をしても転々とするくせがつき、軸足が定まらない。いつも人のうわさに右往左往する。しでかすことが許される独り身の学生じゃあるまいし所帯をもって子供を産んで、一般の社会人として生きているのなら「友達がいないからさみしい。ママ友をつくろう」じゃないでしょう。自分の子をしっかりと育てるためには自分に自信をもたないといけません。

(残り 659文字/全文: 1207文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

前の記事 »

ページ先頭へ