大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

赤鯱新報

【7/5練習レポート】古川キャンプ最終日のハイライトはサッカーバレー!笑顔で終えられた5日間の最後には、指揮官が新たなプランも披露した。(1577文字)

西野朗監督,田中マルクス闘莉王

西野朗監督は練習前、田中マルクス闘莉王と昨日の試合についての意見交換を行なった。

飛騨古川でのミニキャンプ最終日は、前日が練習試合だったためにリカバリー目的の軽い練習で締められた。負傷者を増やすことなく集中できる環境で、現状における最大限のトレーニングを消化した選手たちはみな笑顔で練習ピッチに登場。西野朗監督が田中マルクス闘莉王と、今久保コーチがグスタボと真剣な表情で対話するなど前日の反省も交えられたが、全体としてはリラックスした雰囲気の中で練習は進められた。

グスタボ

キャンプ最終日は前日が練習試合だったこともあり、軽めのリカバリートレーニングとなった。しかしグスタボは今久保コーチと動き出しやボールの受け方について熱心に対話を繰り返していた。

(残り 1355文字/全文: 1808文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック