【サッカーパック人気5位】 長谷川竜也の負傷と、交代采配が分水嶺に。自ら流れを手放し天皇杯敗退/天…

赤鯱新報

速さの中に怖さ、強さが見えてきた充実の二部練習。「チームのリズムを崩さないためにはどこがいいのか、その判断を上げていかなければいけない」(千葉和彦)【2/4キャンプレポート】

南風原町の黄金森運動公園は裏がご覧のように山になっている。なかなかのスケール感。

加速するからこそ、その精度が問われる。3年目の風間サッカーの求めるべき部分が明確になり出している。明日に札幌との練習試合を控えるこの日は二部練習が行われ、午前に強い負荷を、午後は試合へ向けた確認といった趣旨のトレーニングが展開された。風間八宏監督は午前の練習の中で「速くなってきているからこそ、しっかり止める。そうしないと逆の力が出てきてしまう」と選手に注意を促し、勢いだけではない、相手が追いつけない攻撃サッカーの錬成にハッパをかけた。

(残り 1334文字/全文: 1662文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック