【サッカーパック人気5位】 決め手を欠き、逆に終盤に失点を喫して敗戦。【J2第37節FC琉球戦速報…

赤鯱新報

【C大阪vs名古屋】レビュー:計算づくの力技に屈した大阪の寒い夜。完敗は成長への最高の糧となる。

■YBCルヴァンカップ 第3節
4月10日(水)C大阪 3-0 名古屋(19:33KICK OFF/ヤンマー/5,728人)
得点者:10’水沼宏太(C大阪)15’水沼宏太(C大阪)82’福満隆貴(C大阪)
———–
緻密に計算された力技に圧倒された。一見、矛盾にも聞こえるが表現するとやはりこれがしっくりとくる。敵地に乗り込めばホームコートアドバンテージが相手にあり、雨の後の長居のピッチは名古屋がパスを回すにはやや重すぎたところもあった。環境と作戦もがっちり噛み合ったC大阪は、ともに選手を入れ替えて臨んだ戦いの主導権を常に握って戦い、3-0と完勝。スコア的にも、内容的にも、名古屋のこの日のメンバーは公式戦連敗という苦い状況を回避することができなかった。

(残り 3318文字/全文: 3647文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック