【サッカーパック人気2位】 なぜ主審は第四の審判員からの進言でラストタッチを仲川とジャッジしオフサ…

赤鯱新報

新加入選手の到着と、新たなトライの始まりと。「まだシーズンは半分残っている。名古屋がここから浮上するそのきっかけ、キーマンになれるように頑張っていきたい」(太田宏介)【7/9練習レポート】

オフ明けの練習は通常通り、ミーティングと室内での筋力トレーニングから始まった。風間八宏監督もまたいつも通り、ピッチで選手たちがやってくるのを待っていた。

敗戦から1日のオフを経て再開されたトレーニングには、新加入選手が合流しただけでないフレッシュな雰囲気が漂っていた。長谷川アーリアジャスール曰く「明るいキャラクター、でも意外に真面目」という太田宏介が加わり、チームはミーティングと室内での筋力トレーニングから週末への準備を始めたわけだが、彼は最速でも20日のG大阪戦からしか起用することはできない。当然、太田を入れての本格的な練習は来週からで、それでもなおチームからは少しの新鮮さが感じられたのには理由がある。

(残り 1778文字/全文: 2152文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック