【サッカーパック人気2位】 “戦国”J2の怖さを体感。残留争いを戦う栃木のパワーを崩し切れず【栃木…

赤鯱新報

【赤鯱短信】千葉和彦と山田康太。ベテランと若手に聞く新スタイル解読のヒント。

フィッカデンティ監督になってからというもの、日々が何やら研究の様相を呈してきている。指揮官の発言に耳を傾け、選手の動きを確認し、どのような試合展開になるのか目を凝らす。何しろ相手は戦術における先進国であるイタリアの監督である。半ば勉強するような気持ちで名古屋のトレーニングを眺める中で、最初からずっと気になっていたことがFC東京でともに仕事をした経験のある太田宏介の言葉だった。

(残り 2503文字/全文: 2692文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック