赤鯱新報

【赤鯱探訪】久場光編③「まずは今の仕事で何かを残したい。それから…」

エスペランサFC 久場光コーチ/クリニックマスター
(2009~2011 名古屋グランパス所属)

田口泰士と同郷、同級生、そして同期加入の俊足ドリブラーを憶えているだろうか。前回、松尾元太さんの取材の中で「アイツも頑張っている」と聞いて、どうしても話を聞きたくなってしまった。知人の伝手を頼って連絡先を知り、取材をお願いしたところ「いいっすよ、平日ならいつでも」とご快諾いただいたというのが事の経緯。短いプロ人生を振り返り、「あの頃の自分は気取ってた。サッカーに懸けていなかった」と穏やかに語る久場光さんは、今は地元沖縄でサッカー少年の育成に汗を流している。沖縄の人らしい会話の軽さと、それでいてにじみ出てくるサッカーへの愛情。2010年優勝メンバーのひとりは今、第二のサッカー人生を楽しんでいる。

②はこちら

「まずは今の仕事で何かを残したい。それから…」

Q:高校だけでなく、そこから名古屋グランパスに田口選手と同期加入するのも奇跡的です。
「本当にそうですよね。泰士は先に決まっていたんです。それから自分が監督の部屋に呼ばれて、『お前は名古屋に行くんだ』と。何すかそれ?って感じがまず第一印象。自分は泰士が名古屋に行くことも知らなかったんです。監督に呼ばれたのもめっちゃ緊張して、『オレ何かしたっけな?』ってあれこれ考えていたのが(笑)、『お前は大学じゃないな。オレが進路を決めるぞ』と言われて、はい、わかりましたと返事をしたら、『名古屋だ』と。名古屋って、グランパスのことですか?って反応しかできませんでしたよ(笑)。もう決定していたみたいです」

(残り 3330文字/全文: 3999文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ