【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】[元悦対談]中断明…

赤鯱新報

米本拓司「もう少しロングボールを織り交ぜつつ、セカンドボールを拾ってもっと押し込んで、前でボールを回すこと(が必要だった)」相馬勇紀「今日は前を向いて仕掛けていくようなシーンがなかったので、そこが反省点」【広島vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ第7節
11月11日(水)広島 2-0 名古屋(19:03KICK OFF/Eスタ/2,508人)
得点者:16’レアンドロペレイラ(広島)79’森島司(広島)
———–
○米本拓司選手
Q:ボールは持てていてもなかなか前につなげていけないところがあったと思いますが、改善としては何を考えていましたか。
「ボールは持つことができていましたけど、正直、チャンスらしいチャンスはなかったですし、背後に何回か出した時にチャンスになりそうだったので、もう少しロングボールを織り交ぜつつ、そこで失っても別に怖くはないですから。そこでセカンドボールを拾ってもっと押し込んで、前でボールを回すことが大事だったんじゃないかと思います」

(残り 871文字/全文: 1190文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ