【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】[元悦対談]中断明…

赤鯱新報

【躍進の“マッシモ名古屋”を振り返る:名古屋グランパス2020ポジション別選手レビュー】サイドハーフ:2020年の目玉。ただしその真価は未だ秘められたまま。

例年ならば全選手レビューと洒落込むこの時期ですが、今季は練習取材がほとんど出来ず、選手たちの動向はほぼ試合でのみ確認することになってしまいました。中にはほとんどプレーを見ていない選手もチラホラ…。ということで2020年はメンバーを6つのポジションに分け、セクションごとに1年を振り返ります。躍進のシーズンを彩り、支え、戦った選手たちに今一度大きな拍手を!

(2)サイドバック:多士済々、そしてフレキシビリティに富んだサイドの番犬たち

タイキャンプの時点で指揮官は明言していた。「名古屋の場合、サイドで勝負ができる、1対1でこちらに分があるシチュエーションが多くつくれる。そうした選手の特徴、マテウス、前田、相馬、シャビエルもそうだし、そこの駒が多いことを生かしてやりたい」。これは明確な意思表示で、今季の名古屋はサイドが目玉、と誰もが認識した瞬間だった。確かに前年9得点の前田直輝、横浜FMで優勝メンバーとなったマテウス、大卒新人でも屈指のアタッカー・相馬勇紀の3枚が揃えられたサイドハーフのポジションは、それがそのまま魅力として発信できるだけの力を備えていたと言えるだろう。彼らは誰もまだ若く、伸びしろもあった。

(残り 2329文字/全文: 2834文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ