【サッカー人気4位】【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間…

赤鯱新報

【名古屋vs広島】マッシモ フィッカデンティ監督記者会見コメント「この日程の中で消耗したこの数日、大分からの移動もあっての試合としては、これだけのゲームをやってくれたら言うことはないです」

■明治安田生命J1リーグ第19節
4月14日(水)名古屋 1-0 広島(19:33KICK OFF/豊田ス/7,986人)
得点者:22’丸山祐市(名古屋)
———–
○マッシモ フィッカデンティ監督
「この試合日程で考えますと、中3日なのか、中2日なのかという違いが各チームにあったりしますが、前回の試合でどのように戦い、どのぐらいメンバーを入れ替えたかというところで、ほぼ今日のメンバーで広島は来るだろうかというのは考えていました。そして名古屋はこの日程での疲労もあり、今回は中2日での試合になるので、こういった流れの試合にしたいなというもの、早い時間帯で点を取って、あとはこちらが上手く試合をコントロールしていって勝ちきる。そういった試合展開にしないとかなり厳しいかなと思っていましたので、前半は先ほど言った疲労があるという部分には反するのですが、まずはガンガン行ってチャンスを作って、なるべく早い段階で最初のチャンスを作ってそこを決めきろうという気持ちでやっていこうと言いました。選手はその通りにやってくれましたので、後半は少し受ける形にもなってしまいましたが、そこもただ受けるのではなくて2点目を狙いながら。そして実際にそうなりそうなシーンもいくつか作りましたし、この日程の中で消耗したこの数日、大分からの移動もあっての試合としては、これだけのゲームをやってくれたら言うことはないです。これ以上を求めては、日程的に選手たちに対して失礼です。素晴らしいゲームをしたと思います」

(残り 1762文字/全文: 2402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ