【サッカー人気2位】ユンカーのプレーから予想される起用法、…

赤鯱新報

中谷進之介「7失点してしまったことに守備者としての責任をすごく感じます」【川崎Fvs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ第12節
5月4日(火)川崎F 3-2 名古屋(15:03KICK OFF/等々力/4,954人)
得点者:31’ジェジエウ(川崎F)50’山根視来(川崎F)59’オウンゴール(川崎F)73’稲垣祥(名古屋)83’マテウス(名古屋)
———–
○中谷進之介選手
Q:セットプレーからの失点をはじめ、苦しい試合展開でした。守備の対応としてはどんな90分でしたか。

「うーん…、前節と違うところでは、前からプレッシャーをかけて圧力をかけて、後ろに人を置かないようにしようというのはすごく話していて、そこにかんしてはすごく向こうも嫌がっていたと思うし、全体を通して悪くはなかったと思うんですが、やっぱりセットプレーですよね。あそこで崩れたと思いますし、2失点目にかんしては鳥栖戦と同じような形でやられてしまったので、対応というよりも、時間帯が時間帯だったので、ということだったなと思います」

(残り 722文字/全文: 1124文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ