【サッカー人気1位】悩む小泉佳穂に響いた柏木陽介からの言葉…

赤鯱新報

【赤鯱短信】ミッチの代表引退に振り返る、名古屋で過ごした“サッカルーズ”の想い。

前回の短信のテーマが稲垣祥と中谷進之介の代表デビューについて。まったくの偶然だが、今回はランゲラックの代表引退というチョイスになった。何かを関連付けているわけではなく、単なるタイミングである。5月13日、SNSでオーストラリア代表からの引退を発表したことは知る人ぞ知るところ。通称“サッカルーズ”を心から愛し、誇りに思っていた彼だけに、「とても難しい決断だった」とするその心情は察して余りある。2019年に母の日にちなんで聞いたエピソードには、「12歳の時に初めてオーストラリア代表に選ばれた」とあった。通算20年に渡る代表チームとの夢の旅路に自ら幕を引くことができたのは、ランゲラックにとって最高の名誉だったのかもしれない。

(残り 2301文字/全文: 2614文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ