【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

赤鯱新報

【名古屋vs岡山】レビュー:“勝利至上主義”の試合を仕留める力強さ。名古屋の後半戦はウノゼロで幕を開けた。

■天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権3回戦(再試合)
8月2日(月)名古屋 1-0 岡山(18:00KICK OFF/名古屋市港サッカー場/2,001人)
得点者:33’中谷進之介(名古屋)
———–
勝って上のステージに駒を進めること。それ以外には求めていなかったと指揮官は言った。その上で内容について語ることもなく、試合結果を勝ち取った選手を称える姿はある種のストイックさを感じもした。天皇杯というトーナメントに潜む魔物、もしかすれば港サッカー場という場所に対する名古屋グランパスの歴史にも警戒心を抱いたのかもしれない。「この難しいスタジアムで、難しいサッカーをやりきった選手たちを称えたい」という言葉には、やや芝が荒れ気味のピッチ状態だけがその意味のすべてには思えなかった。

(残り 2849文字/全文: 3193文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ