【サッカー人気3位】相手ポゼッションを、前線プレスで凌駕せ…

赤鯱新報

「当初の予定では10分、15分くらいかなと思っていたんですが、試合中のアクシデントも伴ったので彼(シュヴィルツォク)にプレーしてもらいました」【横浜FMvs名古屋】マッシモフィッカデンティ監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第18節
8月12日(木)横浜FM 2-0 名古屋(19:03KICK OFF/ニッパツ/4,828人)
得点者:13’杉本健勇(横浜FM)33’マルコスジュニオール(横浜FM)
———–
○マッシモフィッカデンティ監督
「どういったメンバー構成でいくかというところ、ある程度試合をトータルで見て、どういうスタートをして、途中でどういう交代をして、どういった流れに試合を持っていくべきだ、という中で、そういった方向にはほぼできていたのですが、失点の部分がどうしても、ミスも絡んで最近はいくつか続いています。それはもうはっきりと失点につながってしまうミスが今日も出てしまって、それがすごくもったいないなと思います。横浜FCとの試合が終わって、あの試合はどういったプレー内容だったか、どういった“温度”で試合に入るかというところにもアプローチするかというところも含めて確認して、作り直さなければいけないんじゃないかと。ゼロからチームを作ろうではなく、この試合に入るところのそれぞれの準備をしていく中で、物足りない部分が多かったということで、今日は失点した後にもどういったやり方で続けるべきだ、もちろんやり返すために上げるところは上げて、ということもしっかりやれたと思いますし、代わって入った選手もそういった流れを理解した上で最後まで闘い抜いてくれました。実際にもゴールが入っておかしくなかったというところまでは作ったというところで、それで満足するのではなく、試合には勝ち負けがありますが、そういった姿勢で続けていくことは必ず良い方向に抜け出せると思いますので。このまま止まらずにやっていきたいと思います」

(残り 1360文字/全文: 2071文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ