【サッカー人気5位】【山雅探報】[元悦対談]北九州戦の勝利…

赤鯱新報

「攻守において互いの良さがすごくぶつかりあった、ナイスゲームという風に誰から見ても言えるゲームだったのではないでしょうか」【名古屋vs大邱】マッシモ フィッカデンティ監督記者会見コメント

■AFCチャンピオンズリーグ ラウンド16
9月14日(火)名古屋 4-2 大邱(18:01KICK OFF/豊田)
得点者:4’セシーニャ(大邱)12’シュヴィルツォク(名古屋)28’エジガル(大邱)63’シュヴィルツォク(名古屋)65’シュヴィルツォク(名古屋)79’中谷進之介(名古屋)
———–
〇マッシモ フィッカデンティ監督
「攻守において互いの良さがすごくぶつかりあった、ナイスゲームという風に誰から見ても言えるゲームだったのではないでしょうか。そういったゲームを実現させてくれた対戦相手に、感謝の気持ちを伝えることからこの会見を始めたいと思います。その中でお互いの良い部分をぶつけ合いながら、その良いところには堅守という部分も入っていますので、攻守においてどちらのチームの良いところも出た中で、すごくオープンにやり合ったところもありますし、実際のスコアを見ても打ち合いになったという言い方もできると思います。90分を通してしっかりと勝利に値する戦いが我々ができたと思っています」

(残り 2146文字/全文: 2590文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ