【サッカー人気4位】馬渡和彰の一人部屋での過ごし方 身体の…

赤鯱新報

【G大阪vs名古屋】プレビュー:勝って道を切り拓くラスト3試合。十分な休息は名古屋にどれほどの活力を与えるか。

■明治安田生命J1リーグ 第36節
11月20日(日)G大阪vs名古屋(14:00KICK OFF/パナスタ)
———–

名古屋が“通常日程”で試合をこなすのは、ラスト3試合になったこのタイミングが初めてではないのだが、こちらもそしてフィッカデンティ監督も、何やら今季初めてのような気すらしている。実際には中5日以上の試合間隔は何度もあり、しかし計56日間の隔離生活や海外遠征、再試合などによってその感覚はかなり薄れてしまったというのが実感か。それが証拠に指揮官は「冗談のようで本当に初めてこういう時間を取れたのではないか」と言い、相馬勇紀は「メンタル的に皆さんが思われている2週間よりも相当にキツい」と隔離の辛さに苦笑した。感覚的には開幕2節以来の、ぐらいの感覚で、名古屋はじっくりと次節への準備を整えてきた。

(残り 2518文字/全文: 2876文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ