赤鯱新報

仙頭啓矢「これをきっかけに自分たちはもっと上に行かないといけない」【名古屋vsC大阪】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第13節
5月14日(土)名古屋 1-0 C大阪(14:03KICK OFF/豊田ス/17,129人
得点者:6’仙頭啓矢(名古屋)
———–
○仙頭啓矢選手
Q:今日のディフェンス面では配置を変えつつ相手のボール保持に対応したところがあったと思いますが。
「相手がセンターバック2枚で回してきてる時にはできるだけ出ないようにして、こちらは2FWなのでそこでケアできる部分と、僕が出て、それに対してウイングバックが連動してくる部分というのは相手を見ながらやってたという部分があるので。まあ、このフォーメーションならではのやり方というのもあるんですけど、やっぱり守備においてもアグレッシブにいくというのはオレたちのやり方なので。そこは意識しながらタイミング良く考えていました」

(残り 1006文字/全文: 1354文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ