サッカー番長 杉山茂樹が行く

哲学を語らない風土。「サッカーは布陣でするものだ!」と、あえていいたくなる理由

3年数か月前、日本代表監督に就任したハビエル・アギーレは、その就任記者会見の席上でこう述べた。

「布陣は4-3-3を基本に考えている。展開次第では3-4-3にもなります」と。

もちろんこの時、代表選手は決まっていない。顔ぶれがハッキリしていないなかで、使用する布陣だけはしっかりと宣言した。

そして実際、アギーレは4-3-3が試合の中で中盤フラット型3-4-3に変化する、俗に言う可変式の布陣を武器に戦った。

布陣ありき、だった。それまでの日本サッカーには、それとは異なる概念が厳然と存在していた。布陣は選手の顔ぶれ次第で変わるもの。そう言い出す監督は少なくなかった。解説者や評論家もしかり。ファンにもそうした声が多く聞かれた。

布陣ありきはどちらかと言えば少数派に属した。多少強引に、「サッカーは布陣でするものだ!」的な書き方をすれば、すかさず反論を頂戴したものだ。

アギーレの前任監督、ザッケローニは4-2-3-1で戦ったが、トレードマークは中盤フラット型3-4-3だった。当時、イタリアのみならず世界的にも、全く流行っていなかったこの布陣を拠り所に、ウディネーゼをセリエAの上位に導いた。ザッケローニは布陣を売りに戦ってきた監督だった。

布陣には特徴がある。4-3-3や中盤フラット型3-4-3と言えば、守備的サッカーのイメージは湧きにくい。

4-2-3-1と4-3-3を併用しながら、いわゆる縦に速いサッカーを唱え、けっして攻撃的とは言えないサッカーを展開したハリルホジッチは例外としても、大抵は、監督が採用する布陣を見れば、方向性を読むことができる。

(残り 1941文字/全文: 2613文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ