【サッカー人気1位】徳島が「お手本」を見せた2つのサイド攻…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

鹿島対グアダラハラを見て想う。中盤天国の終焉とドリブル天国への期待

今年、2018年はどんな1年だったのか。ロシアW杯から半年が経過したいま、クラブW杯初戦の鹿島アントラーズの戦いを見ると、方向性を見つけ出せずにいた暗いトンネルから脱出できたような明るい気分になる。

鹿島がクラブW杯初戦で逆転勝ちしたグアダラハラは、メンバー全員がメキシコ人選手で固められていた。大きな選手の少ない、日本人が親近感を抱きたくなるチームだった。

日本とメキシコ。それぞれの代表チームを比較すると以下のようになる。

2018年ロシアW杯に臨んだメキシコ代表は179.2センチ(32チーム中28番目)、73.8キロ(同29番目)。対する日本は178.8センチ(30番目)、71.9キロ(32番目)。

その前の2014年ブラジルW杯も、メキシコが177.5センチ(31番目)、71.3キロ(32番目)で、日本は178.0センチ(30番目)、72.8(31番目)だった。

両者は体格的にボトムレベルで毎度、競り合う関係にある。

(残り 2277文字/全文: 2688文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ