【サッカー人気4位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

石井紘人のFootball Referee Journal

無料:誤解を生む切り抜き写真が横行している加藤陸次樹のゴールは2DラインのJリーグでは「空中にある体部分が微妙に〇〇に見えたとしても疑わしきは罰せず副審の判定を支持」セレッソ大阪×横浜Fマリノス

Jリーグのオフサイドチェックは予算の問題もあり、2Dラインを使用している。UEFAチャンピオンズリーグや欧州四大リーグが使用している3Dラインのように、オフサイドの白黒が必ずしも付けられる訳ではない。

2Dラインにはグレーも生まれる(特に空中)。

そのため、「オフサイドに見える」「オンサイドに見える」のどちらの場合も

9割が“いや、これはオンサイド”“いや、これはオフサイド”という映像がない限り、

VAR(ビデオアシスタントレフェリー)は副審の判定を支持することになる。

今回の場合は、加藤をオフサイドと断言できる映像がなかったため、VARは副審のオンサイドを支持し、ゴールとなった。

無料:本田風智の幻のゴール、ダイレクトクロスの飯野七聖はなぜオフサイドとなったのか?【荒木友輔審判団批評】 #サガン鳥栖 #アビスパ福岡

FIFAクラブW杯の決勝点、Jリーグで同シーンがあったらビデオアシスタントレフェリー(VAR)はハンドの反則を主審に助言する?

浮嶋監督「映像で見た限りオフサイドじゃない。少なくとも画面でレフェリーは確認すべき」→オフサイドポジションかどうかはVARオンリーレビュー【湘南ベルマーレ×コンサドーレ札幌:笠原寛貴審判団批評】

JリーグのVARビデオアシスタントレフェリーは2名で画面の数と運用は?「VARはベストの判定ではなく、9割がミスと思うジャッジのみ介入」【レフェリーブリーフィング前編:審判批評】

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ