【サッカー人気2位】【クラブニュース】金崎夢生が新型コロナ…

「football fukuoka」中倉一志

【中倉’s Voice アビスパの記憶】謙虚に、相手を尊重し、けれど自信を持って戦った2000年。博多の森は熱狂に包まれた

「激しい」。2000年シーズンを振り返る時、そんな言葉が良く似合う。博多の森球技場が熱狂の渦に包まれた1年。アビスパの歴史の中でも最も熱く戦ったシーズンとして記憶に刻まれている。

1996年にJリーグに参入して以降、毎年のように下位を低迷し、1998年のシーズンオフに行われたJ1参入決定戦、1999年シーズンではギリギリのところでJ1残留を果たしたアビスパは、2000年シーズンを迎えるにあたって、当時アビスパU-18の監督を務めていたオマール ピッコリを監督に内部昇格させてチームの立て直しを図った。無類の負けず嫌いとして知られるピッコリ監督は「優勝を目指す」と公言。アビスパが「優勝」を目指して戦う初めてのシーズンとなった。

(残り 2234文字/全文: 2547文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック