現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

西部謙司 フットボール・ラボ

超堅守の秘訣はサイドにあり――時代に逆行する名古屋グランパスが強い理由【Jラボ】

堅い、そして強い。開幕6連勝を飾った名古屋グランパスの強さは本物だ。優勝争いに突き進むことを確信させる攻守のメカニズムを徹底解剖する。

アナログな戦い方でもなぜ強いのか?  優勝候補として突き進む鉄壁のスタイル

名古屋グランパスが好調です。第6節まで唯一の全勝。順位は1試合多い川崎フロンターレに次ぐ2位ですが、下馬評どおりの強さです。

失点はわずかに1。3位サガン鳥栖の無失点があるのであれですけど、6試合で1失点は素晴らしい。名古屋の特徴はやはりこの堅守でしょう。

GKランゲラック、CBの中谷進之介、丸山祐市、左SB吉田豊。MFの稲垣祥、米本拓司。ここまでは鉄板ですね。右SBは成瀬竣平と宮原和也のどちらか。マッシモ・フィッカデンティ監督はあまりメンバーを替えません。昨季もあの過密日程の中でほとんど替えませんでしたからね。

4-2-3-1の4-2まではほぼ固定ですが、3-1についてはけっこう替えています。トップは山崎凌吾か柿谷曜一朗、トップ下は柿谷かガブリエル・シャビエル。ここには阿部浩之もいます。サイドはマテウス、前田直輝、相馬勇紀、齋藤学と質量ともに充実。このサイドハーフが戦術的なポイントでしょう。

(残り 1393文字/全文: 1895文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ