FOOTBALL TODAY KANAZAWA

柳下監督、リーグ再開に向けた準備は万全ですか? 

リーグ再開が迫るなか、金沢は非公開で準備を進めている。全体練習再開後唯一公開された岐阜との練習試合では攻撃ではいい形を見せながらも、守備では何度か決定機をつくられた。その岐阜戦からどこを修正してきたのか。また監督が代わった今年の松本をどう分析し、対戦成績で大きく劣る相手を前にどこに勝機を見出しているのか。試合3日前の24日、柳下正明監督に話を聞いた。

ーーいよいよ今週末にリーグ再開となるがチームの状況は?
「攻撃に関してのグループ、人数が少ないところの動きは随分よくなった。ただしそれにボールが絡んでくるからパスの精度をまだまだ上げないといけない。せっかくいい動きをしてもプレーが成立しない。ボール保持者の精度を上げる。守備に関しては『このへんにこぼれるだろう』とか相手が何をしようとしているかとか、J1でやっているような選手はボールを奪うために必要なものをもっているが、うちの選手は予測・狙いの部分に関してまだ足りないと感じている」

 

ーーそれは経験が少ないことと関係はある?
「いや、経験とは全然違う。ボールをもっている人がどういう状態でもっているのか、それから味方のアプローチなどで、相手選手のパスコースを予測できる。あるいはフリーであっても持ち方や最終的には足の振りで『このへんを狙っている』と予測できる。そういう予測がないからなのか、遅いからなのか、パスが出されてから動く守備になっている。だからプレッシャーをかけるのが難しい」

 

ーー練習試合の岐阜戦以降、重点的に修正してきたところは?
「特別ない。やっていることは変わらない」

 

ーーこの1週間は松本対策をしている?
「いま自分たちに足りない部分を練習することで自然と松本戦の準備ができるという考えをもっている。自分たちが弱いところをトレーニングしている」

 

ーー弱いところとは?

(残り 1289文字/全文: 2074文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ