FOOTBALL TODAY KANAZAWA

柳下監督が「金沢では初めて、指導者人生でも2度目」と語った1勝【第6節・町田戦レビュー】

 

体を張った守備、後藤の落ち着き

 

こんな勝利があるのだろうか。前節の相模原戦も第2節の岡山戦も難しい試合だったが、今回の町田戦はそれを上回る苦しいゲームだった。仮に0−0でも「勝ちに等しいドロー」と表現できただろうし、負けていてもまったくおかしくなかった。しかし結果は終了間際のオウンゴールで1−0の勝利。あえて言わせてもらうならば「負けに近い勝ち」だった。

(残り 2171文字/全文: 2360文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ