FOOTBALL TODAY KANAZAWA

攻守の質の差が表れた敗戦。それでも変化は見られた【第21節・琉球戦レビュー】

どちらのチームもミスは多かったが、相手のミスをゴールに結びつけた数は琉球のほうが多かった。勝負を分けたのは細かなところだった。金沢にとっては勝点0で終わるのが不思議なくらいのもったいない試合かと思われた。しかし、大橋尚志は言う。「結果として負けているので、もったいないというより自分たちの質という感じ」。とくに攻守の最後の質に違いが表れた。

(残り 1428文字/全文: 1598文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ