FOOTBALL TODAY KANAZAWA

徹底とアクション【第27節・群馬戦レビュー】

 

これぞ金沢のサッカー

 

ようやく長い時間金沢らしさが出せた試合だった。セカンドボールを拾う、失っても素早く奪い返す、ロングボールを蹴らせて回収する、そうして二次、三次攻撃と続け、相手陣に釘づけにするようなゲームは、いつ以来だっただろうか。それが可能となった背景には意識の徹底があった。

(残り 2619文字/全文: 2771文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ